ショアジギロッド、シーバスロッド+コンビニエサで超簡単ブッコミ釣り

ブッコミ釣りとは

ブッコミ釣りとは、オモリと針が付いてるだけのシンプルな仕掛けを投げて待つ釣りです。

シーバスロッドLSJ(ライトショアジギング)専用のロッドくらいがぴったりで、青物が回っていない時や疲れた時にお勧めです。

投げ釣りのように遠くに投げる釣りではないのでエギングロッドくらいのロッドからする事が可能です。

ブッコミ釣り仕掛け

ルアーロッド流用で出来る簡単仕掛けです。

持っているタックルを中心に考えてオモリを選びましょう。

投げる際に結び目のクッションになるように中通しオモリの下にゴム管を通します。
ブッコミオモリというゴム管が付いて、水中で転がらない形のオモリが使いやすいです。

針はカン付きであれば簡単に結束出来ます。

エサは様々

  • 青イソメ(小物から大物まで)
  • 魚の切り身(サバ、サンマなど)
  • カニ(イワガニなどを現地採取)
  • キビナゴ
  • 生のイカ(短冊、イカそうめん、塩辛)
  • エビ(大き目のむき身)
  • ユムシ(マダイ、クロダイ狙い)

釣具屋ではイソメ、サバ切り身、キビナゴ、ユムシ
コンビニではイカや貝類が大体置いてあります。
スーパーであらかじめ買っておくと釣具屋より安く済ませられます。
完全にマダイやクロダイ狙いならユムシも有用です。

24時間いつでも買いに行けるコンビニのエサで釣れるのもブッコミ釣りの大きな魅力です。

主に狙える魚

根魚(カサゴ、アイナメ、ハタ類)

構造上底を這う仕掛けのため、根魚はメインのターゲットの一つになります。
色々なエサに食いついてきますが、イソメ、魚の切り身、カニがおすすめです。

クロダイ、マダイ

底付近に居着くクロダイなども狙いやすい魚です。
イソメの房掛け、貝類、カニ、ユムシがおすすめ。
ユムシは大物以外厳しくなりますが、クロダイやマダイにはとても有効です。

アナゴ

砂地がポイントになり、流れの緩やかな漁港内などで釣れます。
夜釣りで狙う事が多いです。
エサはイソメでも釣れますが、サバの切り身、キビナゴがお勧め。

カレイ

カレイ釣りのシーズンと重なっていれば釣れることがありますが、カレイ針などに比べ針掛かりしにくいです。
エサはイソメ系の虫エサ、一本掛けや房掛けで狙えます。

ハモ

外道と言われることもあるハモですが、これも立派なターゲットです。
エサはイカの切り身、サンマ、サバの切り身がおすすめです。
歯が非常に鋭いので気を付けましょう。

スズキ(シーバス)

スズキもブッコミ釣りで狙う事が出来ます。
エサはイソメの房掛けが基本です。

嬉しくない(?)外道たち

ウツボ

魚の切り身を使っていると釣れることがあります。
アナゴなどのようにハリスにめちゃくちゃに巻き付く上に強力な顎と歯を持ち、生命力も強く、予想外の動きをする事があるので絶対に油断はしないようにしましょう。
固くて捌くのが大変ですが、唐揚げや蒲焼など色々な方法で美味しく頂けます。

ゴンズイ

夜釣りの代表的な外道で群れで行動するために何匹も釣れる場合があります。
イソメを使っていると良く釣れます。
ヒレの毒針に触ると痛みによる地獄が待っていますので釣りあげても触ってはいけません。

夜釣りで釣りあげた時まずは何の魚か必ず確認しましょう。
ゴンズイは見えずらい状況では一瞬小さい根魚に見えたりするので気を付けます。
もし針を飲み込んでいたら無理せずハリスから切ることをお勧めします。
それとリリースでは必ず海に返し、危険なので絶対に堤防に放置してはいけません。

こんなゴンズイですが、毒針を取り除けば食べれることでも知られていて、天ぷら、蒲焼、味噌汁などで食べられる事が多いです。

ハオコゼ

少しコミカルにも見える頭の上まで続く毒のある背ビレを持っています。
食べる事も可能ですが、サイズも小さく、数も釣れないのでお勧めはしません。

オニオコゼ

こちらもヒレに毒を持ちますが、現在では高級魚として知られています。
40cmを超えるほどの大きさに成長するので背ビレ、胸ビレを取って調理するのも良いかと思います。

アカエイ

アカエイは身近な堤防にも潜んでいます。
活き餌でなくとも積極的に捕食しにくるため、切り身を使った釣りでもよく釣れます。
固く鋭い尻尾の毒針は毒性が強く死亡事故もあるほどで、かなり危険です。
釣れてしまった場合は安全を第一に考え無理そうならハリスを切ったほうが良いでしょう。
食味はよく、唐揚げや煮つけなどで食べられます。

あると便利な道具

竿置き(三脚)

投げて待つ釣りなので竿置きを使うとタックルも傷つかずアタリも分かりやすいです。
投げ竿に比べ竿も短いので少しコンパクトものがおすすめ。

鈴、竿先用ライト

置き竿ではあたりが分かりませんので(特に夜釣り)竿先に鈴やライトを付けます。
鈴のほうは安く買えるので持っておきましょう。
100円ショップの釣りコーナーにもにも置いてある場合があります。

釣りイス

イスに座る事でだいぶ疲れづらくなります。

レジャー用の折り畳みのイスだとルアー釣行の際にも車に積んでおけます。
非常にコンパクトなタイプと、肘置きとドリンクホルダーが付いているタイプもあります。

(Visited 813 times, 1 visits today)