根魚狙いの穴釣り、ロッドの長さはどう選ぶ?

穴釣り専用ロッドの長さの色々

テトラポッドや敷石の隙間に仕掛けを落として根魚を狙う穴釣りには専用ロッドがあります。

テトラ帯の上を動き回り、仕掛けを落とす時にはブラクリが隙間に入っていくのを視覚的に確認しながら行うと思いますが、その際長いロッドを使うとかなりやりづらくなってしまうはずです。

目の前に落とすのだから出来るだけ短いロッドで良いのでは?と思うかもしれませんが短いロッドでは逆に不便になってしまう事も。

ポイントから考えるロッドの長さ

60cmなど短すぎるロッドでは局所的、ピンポイントな場所以外では逆に使いにくなってしまう事も。

特に画像のような高さのあるテトラ帯や大きなテトラが入っている場所では仕掛けを穴の真上に持ってくるために無理な体制にならないといけない場合もあります。

こういった場所では100cmくらいの一般的な穴釣りロッドが使いやすいと私は思います。

短いロッドが活躍するのは水面から出ている石の面積が少ないポイントなどとにかく穴が見やすいポイントです。

長さが必要な場合

穴釣りのポイントはテトラ帯ばかりでなく堤防の際にある敷石も含まれます。

敷石の隙間はある程度の長さが無いとまず隙間に届かない場合もあります。

更に際から少し距離のあるテトラや石の間も同様で、そうしたポイントは穴釣りで探られにくく釣れる確率も高かったりします。

こうした場合は150cmほどあっても使いやすいですが、そもそも穴釣りロッドでは届かない場合もあるので普通のロッドを使って釣るのも大いにアリでしょう。

万能は90~100cm

あなたが良く行く堤防にある穴釣りポイントはどんな感じでしょうか。

もし色々なポイントに行ったり、普通のテトラ帯で釣りをするなら90~100cmくらいを選べば後悔しないはずです。

また小さく畳める振り出しと継ぎ目の無い1ピースのロッドがあります。

携帯時の長さが気にならないなら耐久性などから1ピースタイプをお勧めしますが、振り出しでもはずれを引かなければ早々壊れるような事はありませんので好きなほうで良いと思います。

(Visited 41 times, 1 visits today)