メバリング初心者に贈るタックル選び!スタンダードな固さ、長さ~リール番手などを解説

ソルトライトルアーゲームの代表格

ソルトルアーゲームの中でいわゆるライトゲームと言われるアジングやメバリングはターゲットが小型で場所も足場の良い漁港内などがメインで、初めてルアーを使う方も始めやすい釣りです。

ただ、アジングもメバリングも奥の深い釣りで、ポイントやタックルの選定1つで釣果に大きな差が出ます。

ここからここまでが良いと言われてもその中のどれを選べば良いか分からない人もいるのではないでしょうか。

メバリング始めるための道具選びに迷っている初心者に「分からなかったらこれを買え」的なスタンダードなタックルを独断的に紹介します。

ロッド→7.6ftでULのソリッドティップ

6ft台~8ftまでが使われる事が多いメバリングで7.6ftはメバリングでは王道のレングス。


釣り場によって足場の高さの違いや足元付近の地形が悪かったりする場合があり、様々な場所に対応するには円滑に魚のいるポイントへ届ける事が可能なレングスがあったほうが良いです。
またその長さによって魚を掛けた時のやり取りが行いやすくなり、魚をバラしにくくもなります。

こうした理由から最初の一本としては7.6ftがお勧めです。

固さはULが一番楽しめる

1g前後のジグヘッドを使う事と海中の状況とアタリが分かりやすく、引きを感じられてファイトが楽しめるように、メバリングのスタンダードであるULを選びましょう。

ただ巻きに使いやすいソリッドティップ

ソリッドティップかチューブラーティップで迷うと思います。

両者ともメリットがありますが初心者にはソリッドティップがおすすめ。
チューブラーティップは穂先が空洞、ソリッドティップは空洞では無く詰まっています。
ソリッドティップは魚が違和感を感じにくく乗りやすい構造なので、メバリングの主なアクションであり、独学でも理解しやすい「ただ巻き」の釣りに向いています。

ダイワのメバリングロッド「メバリングX」 74UL-S

専用ロッドとしては安価なモデルです。

メーカー公式ページ

シマノのメバリングロッド「ソアレシリーズ」 S706ULS

ソアレシリーズはBB→SSCI4+エクスチューンと価格が上がっていきます。

メーカー公式ページ(ソアレBB)

リール→2000番のシャロースプール

ライトゲームで使われるリール番手は1000番~2000番。
細いラインで小さな魚を掛けるので中型以上のリールは必要なく、ロッドに合わせて軽いものを選びます。

下巻きのいらないシャロースプールを使う

リールは番手にSが付くシャロースプール(浅溝)モデルにしましょう。
ルアーゲームではPEラインをはじめとした細い糸を使うのが基本で、メバリングを含むライトゲームでもそれは同じです。
普通の2000番リールで2lb程度の細糸を巻くには溝を埋めるために下巻きが必要です。

Sが付く番手は浅溝仕様となっており、ルアーゲームに使う細い糸を使う事を想定しています。

機種は予算と相談

リールは基本的に値段高いほどにグレードが上がって性能も良くなります。

一万円以下ではダイワのレガリスLT-2000Sがおすすめ。
一万円を超える場合はライトゲーム向けのモデルがあります。

1万円以下のおすすめモデル ダイワ レガリス LT-2000S

シマノのライトゲーム向けモデル「ソアレシリーズ」 C2000SSPG

ダイワのライトゲーム向けモデル「月下美人シリーズ」 LT2000S

ライン→ナイロンライン2lb

メバリングではかなり細いラインを使います。
またラインの種類がナイロン、フロロカーボン、PE、エステルとあって、どれを使うかは人により理由が違って様々です。

PEラインエステルラインにはショックリーダーの結束が必要になります。
ショックリーダーは根ずれに強いフロロカーボンなどのラインを先端に付ける事で名の通り衝撃を吸収する役割をします。

ショックリーダーの結束という手間が増える事からこの2種は初心者にはお勧めしません

ナイロンラインはトラブルが少ない

フロロかナイロンであれば恐らくフロロカーボンを使う人の方が多いんじゃないかと思います。
フロロはナイロンより沈むのでボトムを狙いやすい、そしてナイロンより根ズレに強い性質を持っています。

一方ナイロンラインは比重の軽さから多少根掛かりしにくく、またトラブルが少ないラインです。
初心者で使いやすさを考慮するとナイロンラインがお勧めです。

強度は2lbあればメバル相手に充分やり取りできます。

ジグヘッド→1g以下と1.5gの2種類をストック

ワームを付けるジグヘッドの重さは釣果に直結し、大きく言えば、軽いほど魚が違和感を感じないので釣れやすくなります。

メバリングでは1g前後のジグヘッドが使われています。
基本的に1.5gより上はあまり使われません。

1.5gは扱いやすい重さ

1.5gという重さは1g以下のジグヘッドより状態を感じ取りやすくなります。

初心者はまず1.5gを投げる事がおすすめ。

1.5gと1g以下の2種類をストックしておいて、アタリが無い時には1g以下に変えてみましょう。

ダイワ 月下美人 0.5g/1.5g

メーカー公式ページ

ワームを簡単にセットできる「メバル専用ジグヘッド まっすぐ 」0.75g/1.5g

メーカー公式ページ

ワーム→「ガルプ ベビーサーディン」の1.5インチ

ワームの良し悪しは状況によって変わるので何種類かワームを持っていく方が多いです。

使うワームで迷っていたらとりあえずバークレイの「ガルプ ベビーサーディン」を持っておく事をおすすめします。
ライトゲームの代表的なワームの一つで、本当によく釣れます。
このワームに変えた途端、明らかに反応が変わったと実感する事があるワームです。

メバリングで使われるサイズは1~2インチで1.5インチがスタンダード。
お勧めカラーはチャートリュース。

バークレイ ガルプ ベビーサーディン1.5インチ/2インチ

まとめ

以上になります。

初心者の方はルアータックルを決めづらいところがあると思いますが、今回上げたタックルならばどんな場所でもスタンダードにメバリングを楽しめます。

ライトゲームは「入り口が広く奥が深い釣り」だと思いますので、とにかく始めてみてから色々気付いた事を自分のスタイルに取り込んでいくのが良いかと思います。