【予算15000円】ライトショアジギングに最も向いてるリールは?おすすめ&機種比較

堤防やサーフから40g前後のメタルジグを投げて釣るライトショアジギング青物を中心に、ヒラメ、マゴチといったフラットフィッシュからシーバス根魚類までを幅広く狙う事が出来る人気の釣りです。

今回は予算を15000円として、最もライトショアジギングに向いているリールを比較して考えてみました。

ライトショアジギングで使うリールに必要な条件

番手は中型サイズ

シマノ-4000番
ダイワ-3000番
ダイワ(LTモデル)-4000番

がベストになります。
スプール径が大きくなることにより、飛距離の向上、巻き上げ量も大きくなるため、このサイズが最も使いやすいです。
シマノ、ダイワLTの3000番サイズでも釣ることは可能ですが一番向いてるものと考えたらやはり4000番がベスト。

サーフでフラットフィッシュを専門で狙う場合でも同じリールが最適です。

巻き取りはHG(ハイギア)以上

ライトショアジギングにおいては飛距離を出すことがかなり重要な要素になり、80~100m程度飛ばす釣りです。
一度キャストしたルアーが手元に来るまでは結構な回数を巻くことになりますが、もし近くでナブラが立った時などは急いでルアーを回収しなければなりません。
この場合にHG(ハイギア)XG(エクストラハイギア)の巻き上げ量の多いリールを使う事で手返しが良くなりスムーズに釣りをしやすくなります。
一応デメリットとしてはノーマルギアに比べて自転車のギアのように巻き始めが重くなります。
これはHGよりXGの方が多少重さが増します。
ですがそれに勝るくらいにはHG以上を使うメリットはあるのでHG以上を使いましょう。

剛性の高さ

ジギングという釣種は、釣りの中でもアクションが多く、リールに負担を掛けやすい釣りです。
ライトが付くショアジギングといえど、やはりアクションを多用しますので剛性の高い頑丈なリールであることが望ましいです。
サーフで釣りをする場合には、砂噛み防止防水機構が備わっていないとリールが長持ちしない恐れがあります。

候補に上がるリール

以上の事を踏まえてリールを比較してみましょう。

まず、「4000番サイズ」「HG以上」「15000円以下」という基本条件を満たしたリールは以下の通りです。

SHIMANO/14 エクスセンス BB4000HGM

メーカー公式ページ

SHIMANO/14 AR-Cエアロ BB 4000HG

メーカー公式ページ

SHIMANO/17 アルテグラ 4000XG

]

メーカー公式ページ

SHIMANO/19 スフェロス SW4000HG/XG

メーカー公式ページ

DAIWA/18 フリームス LT4000D-CXH

メーカー公式ページ

DAIWA/19 レグザ LT4000D-CXH/LT4000S-CXH

メーカー公式ページ

それぞれの性能を比較

SHIMANOの4機種
機種 AR-Cスプール HAGANEギア HANAGEボディ X-SHIP Gフリーボディ コアプロテクト S A-RB ワンピースベール MGLローター CI4+ ベアリング数 自重(g)
エクスセンスBB    ●       ●       ●      ●    ●  ●    5/1    290
AR-Cエアロ    ●       ●       ●      ●        5/1    330
アルテグラ    ●    ●     ●    ●    ●   ●          5/1    285
スフェロス SW    ●    ●    ●   ●    ●    ●   ●          3/1    280

このグレードだとDAIWA、SHIMANOとも全てねじこみ式のハンドルを採用しています。
ボールベアリングがスフェロスが3個、その他が5個となっています。
サーフでの使用も視野に入れるのであればSHIMANOの防水システムである「コアプロテクト」が搭載されている事が望ましいです。
スフェロス、アルテグラにはコアプロテクトが搭載されています。
しかしこの二機種はベールが一体のワンピースベールではないのでベール部分の操作性、ライントラブルが増える可能性があります。

この価格帯では全てを搭載している事は無いのでどこを引いてどこを取るかが重要ですね。

DAIWAの2機種

フリームスレグザの2機種には、DAIWAの誇る防水システムであるマグシールド、ドラグシステムの「ATD」、A-RCスプールのようにラインの抵抗を減らす「LongCast ABS(LC-ABS)」、その他にはエアベール、エアローター、ツイストバスターⅡ、タフデジギアなどが搭載されており快適に釣りができる仕様となっています。

自重はレグザ275gフリームス240gです。

おすすめのリール(ランキング形式)

以上から、この6機種の中からお勧めなリールをランキング形式で紹介します。

[rank id=1]