ライトロックフィッシュゲームにおすすめワームとジグヘッド

手軽に出来るライトロックフィッシュゲーム

ライトロックフィッシュゲームとは最大30cm程度までの“ライトな”ロックフィッシュ(根魚)を狙ったルアー釣りの事です。

主なターゲットとしてカサゴ(ガシラ)、ソイ類、メバル、アイナメ、キジハタなどが挙げられます。

ソフトルアーであるワームを使った釣り方が基本となり、ジグヘッドリグやテキサスリグ、ダウンショットリグなどが使われます。

ハードロックフィッシュゲームのように地磯や沖磯などでは無く、漁港や釣り公園などの場所で、根魚が隠れられる石などが入っていれば簡単に始められる釣りです。

今回はワームをジグヘッドに刺すだけの一番手軽な「ジグヘッドリグ」でおすすめジグヘッドやワームを紹介します。

タックル

  • ロッド:7~8ftのUL~L
  • リール:スピニングで2000番~2500番
  • ライン:PE0.4~0.6号フロロ6~8lb程度

気難しくタックルを揃えるは必要なく、バスロッドやライトゲーム用ロッドなど別の釣りのタックルを流用でOKです。

ただロックフィッシュは根に潜る魚ですので、ULのような弱い竿だと楽しめはしますがロッドの差で取れる魚も取れなくなってしまう可能性があります。

おすすめはパワーがL程度のロッド、岩が多い場所ならリーダー12lb(フロロ3号)あれば安心です。

釣り方(アクション)

アクションはリフト&フォール、ボトムバンピングなどが有効。

アワセを入れたら根に潜られてしまわないようにゴリ巻きが基本になります。

ジグヘッドリグでおすすめのアクション

キャストしボトムに着いたら2、3回チョンチョンとシャクった後、糸を張らず緩めずでフォールに合わせて竿をゆっくり下げていきます。
ボトムをスローに引きながら止めてバンプさせるのもおすすめです。

おすすめのジグヘッドと使用ウェイト

ライトロックゲームではフォールで食わせる事が多いため、フォールの速度が決まるジグヘッドのウェイトは重要な要素となります。
出来るだけ違和感を与えないフォールが可能なウェイトが良いです。

おすすめのウェイトは1.5g~3g。
最高でも5gまでが良いかと思います。
ダートタイプを使うのもおすすめで、ボトム付近でシャクってダートさせる事で捕食スイッチに大きくアピール出来ます。

JACKALL/キビキビ ダートジグヘッド 1.5g/1.8g/2.1g/2.5g

カツイチ/デルタマジック SV-51 1.4g/1.8g/2.5g

1/16ozで1.8gとなります。

メジャークラフト/ジグパラヘッド ブン太 根魚タイプ 3.5g/5g

TAKAMIYA/FALKEN R ラウンドジグヘッド 1.8g/3.5g/5.3g

おすすめのワーム

ライトロックフィッシュ狙いには2インチのワームがおすすめです。

Berkley(バークレー)/ガルプ! ベビーサーディン 2インチ

ワームでは定番中の定番で最もおすすめ出来るワーム。
ボトル入りの36個入りがコスパが良いです。
尻尾がちぎれた状態でも釣れ続けた経験があります。

欠点は液体に浸かっているので手が汚れる事です。

Berkley(バークレー)/ガルプ! SWサンドワーム 2インチ

エコギア/熟成アクア バグアンツ 2インチ

集魚力を高める加工がされている甲殻類に似せたクロー系ワーム。
評判も良いですが、ガルプ同様に液体入りのため手は汚れます。

エコギア/カサゴ職人 ロックマックス 2インチ

ジャングルジム/ハラペコ 2.3インチ

シンプルな形の甲殻類系ワーム。ロックフィッシュ向けに開発されています。

メジャークラフト/ファイティングクロー 1.6インチ

爪の部分が上を向くことで甲殻類の威嚇のポーズになり、魚の食い気を誘います。

マイクロワインドもおすすめ

ダート系のジグヘッドマイクロワインド専用のワームを組み合わせたマイクロワインドをするのもおすすめ。
こちらも根魚にはかなり有効です。

(Visited 947 times, 1 visits today)